ERROR: NOT PERMITED METHOD: body

スポンサーリンク

ERROR: NOT PERMITED METHOD: body_more

2017年09月27日

『躾』。
よくできた漢字だなぁと、私は見る度、書く度に思うのです。

身を美しく・・・それが「しつけ」。
「しつけ」とひとこと言っても、実にさまざまな躾があるんですよね。

最も重要かつ欠かせない躾は、「子育ての躾」。

どんな子どもでも、これを失敗されてしまうと親が思うような子ども→大人になっていかないかもしれない

そう。
今あえて「かもしれない」と書きました。
つまり、必ずしも…ではないのです。

その子の性格や家庭環境にもよりますし、成長度合いにもよるからです。
それと、親など家族の接し方にもよるかなぁと思います。


私は今回何が書きたいのか…。
前置きが長いよーとそろそろ思われるかもしれないので、では本題に入ります。

ご存知の通り、星茉莉愛はこれまで長く塾講師をやっています。
やっている中で、当然いろいろなタイプの生徒に遭遇し、本当にその都度悩み、考え、工夫しながら接してきています。

何日か前に書きました。
・・・・・悪ガキ事件。
まさかのことが起こったのです………その後。



なんと…
星茉莉愛がその悪ガキの担任をすることになってしまった・・・・・。



信じられない衝撃ですよ、コレ。
衝撃すぎて意味不明な蕁麻疹が出てきてしまったのは、リアルな話!!


皆さん、どう思いますか???


それでね…



私のような講師が、どうしてあんな悪ガキを調教しなければいけないの?

私なんかが、何故あれほどの悪ガキをコントロールしなければいけないの?


何回かすでにその悪ガキの授業を担当してきてはいますが、どう考えても!

ああいう生徒は、厳しくて震え上がるレベルの先生がビシッと担当したほうが良い!



それで、「嫌だ!」「もう行かない!」などと悪ガキが辞めてしまったら…それはまぁ仕方ない。



今私、なんかひどいことを言ったように聞こえるかもしれないですが、それほどなんですよ、私の全身にかかっている負担は。
わかってもらえますか?



続けます。
せっかくの機会なので、もっとめちゃめちゃ無責任なことを言わせていただきます。



私は経営者ではない!!!!!

経営者のために雇われ、経営者のために汗水流して必死になって働いている、ただの講師の1人でしかない。

気楽なモンだ!

やることをしっかりやりゃあ、文句など100%言われない。

それどころか、やることをしっかりやって、生徒が成績を上げてくれたり学校に褒められたりしたら、親御さんから塾に喜びや感謝の声がきて、結果的には講師評価にもつながる。

あぁ、最高。最高の展開だ!




・・・今、星茉莉愛は、星茉莉愛らしくないあまりにも投げやりな発言をあえて書き殴ってみた。
一度で良いから、そういう開き直った捨て台詞を言ってみたかった。

なんだか少しサッパリしますね。
気分を害された方、もしいらっしゃったらごめんなさいね。



でもね、それくらい。

ご存知の通り、私は学生ではありません。

だからこそ…というと今度は全国各地の学生講師から批判の嵐になるかもしれませんが。



社会人だからこそ、異常なまでの責任を持って何もかもに取り組んでいます。



いえ、勘違いしないでくださいね。
学生講師を無責任とはこれっぽっちも申していません。
むしろこれ本当なんですけど、学生講師たちには尊敬の念をも抱いているんです。

だって、学業と両立ですよ?
すごすぎませんか?

私だったらできません。
大学生当時、私もまぁやっておりましたけれども、わずか週1、1コマの家庭教師だけでしたから。
偉くも何ともありませんでした。
ただそれが今現在の元…キッカケになっているといえばまぁそうではあるので…大切な思い出ですけどね。


学業、そして人によってはサークル等の活動も忙しい中で、子どもたちに勉強を教える…。

正直それって、かなりパワフルですし、社会人ももっと見習うべきだと私は個人的に感じています。


社会人でもダブルワーカーが結構おり、それはもちろん尊敬レベルですが、1つの仕事を終えて「あー疲れたー!」なんてバッタンキューしてるそこのパパ!

人間は生きている限り、現役よ!


学生を見習って、もっともっと世の中に貢献しようじゃありませんか。



話が脱線しましたが。

そう。
社会人なので、社会人らしく、社会人だからこその言動で常に取り組んでいる、それを言いたかったのです、星茉莉愛は。


ご理解いただけましたでしょうか?




最後になりますが。


全く荒れることのない星茉莉愛を大荒れ警報にさせてしまう悪ガキの母!!!!!



深く反省し・・・・・あ、無理だな。

無理無理。

残念ですが、あのお母様にはたとえ100年経ってもその可能性がないように思います。

だって・・・・・その悪ガキがあれこれ問題起こした後に迎えに来て私の顔を見ても、なぁ~んにもおっしゃられない。
謝罪のひとつもりませんし、トップにだって「すみませ~ん…ふふっ」って空気のように1回だけ形式的に…いや、もはやあいさつの一部として感情なくさらっと言うだけですし、あとはひたすら息子に超小声&猫なで声で言葉をかけ続けるのみ。

塾を困らせておきながら、そう、そんなタイミングでもいつも通りに子どものご機嫌取りのような言葉をただ並べ続けるだけ。



・・・何考えてるんですか?
迷惑をかけていることを少なくとも少しはわかっているはずなのに、なのに、なのに…


これっぽっちも謝ろうとしない。



あの親にしてあの子あり。


どうりで悪ガキも一切「ごめんなさい」が言えないわ…。
言おうとすらしない。


親の姿を見て子どもは育ちますからね。

なにも口で言う躾だけが躾ではないのですよ。

親の日常、子どもの目に触れる全ての言動が最大の躾!と星茉莉愛は思っています。




悪ガキの母親の態度、これは子どもを甘やかしているとかのレベルではないです。
どういう理由でこんな接し方になったのかわかりません。
わかりませんが、ただ…今は完全に子どものご機嫌取りを必死にやっているだけの女性。


母親とは到底言い難い接し方です!!!!!


親子どちら元々の性格かもしれません。

ただ、どうであっても親になったら、我が子がスムーズに地域社会に適応できる子どもになってくれるようにあらゆる場面で助言をしながら成長をサポートしていくべきであって。


それを怠ってきているのか、それとも今人を困り果てさせるほどの奔放態度が親の望んでいる姿なのか。


後者ならば呆れてものも言えません。



とにかく、荒れることのない私を「ブログ上で」荒れ口調にさせてしまったあの悪ガキ親子。

・・・バチが当たってもしりませんよ。


今回はここまで。

また次回~!




written by【星茉莉愛】(ほし まりあ)



講師・講演・取材等依頼も受け付けております。



また親御さん等からのお悩み相談ももちろん完全無料で募集中!



どなたさまでもお気軽にご連絡くださいませ。



《転載も大歓迎》です。


その際にはコメント欄に一言お願いします。


posted by 【現役女性塾講師ライター】 星 茉莉愛 at 13:55| 東京 ☀| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プライバシーポリシー

個人情報の保護について
http://juku-maria-hoshi.seesaa.net/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について
利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について
当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
<a href="https://support.google.com/adsense/answer/2839090" target="_blank">DoubleClick Cookie</a> を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
お客様は<a href="https://www.google.com/settings/u/0/ads/authenticated?hl=ja" target="_blank">Googleアカウントの広告設定ページ</a>で、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また <a href="https://www.aboutads.info/" target="_blank">aboutads.info</a> にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。
その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、<a href="https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/" target="_blank">Googleのポリシーと規約ページ</a>をご覧ください。

ウェブサーバの記録
当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項
利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。
続きを読む
posted by 【現役女性塾講師ライター】 星 茉莉愛 at 13:30| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

塾講師に暴言を吐く生徒②

前回のおさらいも兼ねて、振り返りの文章からいきましょう。



単なる超悪ガキの言動により、星茉莉愛がへこみすぎて泣きそうな話…でした。



親の教育、どうなってるんだろうなー。
小1でまだ幼いとはいえ、ああいう少年はちょっとどうかと思った…。


乱暴にもほどがある。。。
乱暴発言に乱暴行動に。。。
恐ろしすぎ。。。



もしかして、親が教育ママか何かで、普段厳しく育てすぎて、少年はうっぷんがたまってるとか?


だから塾で手当たり次第、講師や生徒を平気で傷つけたり平気で嫌がらせを言ったりするのかな?



私は幸い、9.9割…つまりほぼ100%の生徒に親しんでもらっているんだけど、


【その悪ガキ少年1人にだけ徹底的に嫌われてるっぽいwww】


ま、その少年は全員の講師から間違いなく嫌がられてるけどね←←←


いつも、どの講師にも『授業態度=ABCDEの【E評価】』をされている。
つまり、最低ランク(笑)


授業中歩き回るし、
そういえば口癖は「あと何分で終わり?」ばかりだし、
そもそもやる気ないのリアルだし、



私に対しては、


会った瞬間、『あんた、顔が嫌い!!』ってガン見しながら。



・・・へこむからぁぁぁ。

小1の超悪ガキに言われただけでへこみすぎてね。

帰宅後になっても、しかもいまだに頭から離れなくて…


あぁぁぁー。
泣きそう←


真顔で、見た瞬間、「顔が嫌い!!」だからねwww

オマケに「変な顔!!」とかまたまた真顔で言い放たれた。




『だから、あんたの授業は、絶対イヤだね!ぜってぇ~受けねぇ!』


とかさぁ・・・もぅホント落ち込むwww



初対面でだよ?
会って3秒以内に、「顔が嫌い!!だからあんたの授業受けたくない!」だからね。



何をわかって言ってるの?って言いたいところだけど、ま、6歳とケンカする気などないし、私は一応大人なのでやめておいた。


そもそも私、ケンカ自体したことないから←



その後もあれこれ暴言の嵐で。
マジでこの子は6歳???って疑いたくなる下品な悪ガキ!



・・・・・という前回までのお話でした。

さて引き続き!



そうなんです。
そしてさらに、顔が嫌いな私の膝上に両足を乗せてきたというか投げ出してきた…という…。

椅子に座ったまま、横で椅子に座っている私の膝上にドーンですよ!!

何食わぬ顔でドーン、です。。。



なついてくれているなら全然イイですし可愛いなって思いますがら悪ガキはそうではない。

ですから本当に失礼だし下品だし、親御さんのしつけはどうなっているのでしょう?…としか思えなかった。


で、それだけで終わらないのが悪ガキ!

その後はですね、

靴下履いた足裏を真顔でスリスリしてきまして、もう私は不快指数100。



なんていうことなんでしょう。
何がやりたいんでしょう。

ましてや夏の男子の靴下…汚いです。
めっちゃボロが付いてましたし←


しかし悪びれてなんかいませんでしたし、むしろ「当たり前だろ?」みたいな真顔で、正直ひきましたね…。





生徒は皆平等に!と日頃から考えている私ですが・・・
申し訳ないけどこの悪ガキだけは大っ嫌い!
顔も見たくないし、見ることがあったら精神的に震えとじんましんが止まらなくなりそう!



授業担当しなきゃいけない時がもし今後あったら、ソッコー断る!笑

トップに「無理ですっ!」って事情話します!笑



だって、嫌いなのはお互い様でしょwww

ま、講師全員がその生徒大嫌いですけれど ←



そうそう!



『ぼく一回、溶岩の中で死んだから!』


この意味不明な発言を、会って10秒くらいの段階から異常なくらい繰り返していた悪ガキ。


全く意味がわからないですし、そもそもナンデわずか6歳が「溶岩」なんていう難しい言葉を知ってるのか謎すぎますけど・・・・・

私なんてこの言葉を知った年齢、理科の教科書で出てきて初めてその時に…でしたよ?

6歳で知っているって、何か事情があるのではないかと勘ぐってしまう。
絶対そうでしょ?



で、ですね。


『顔が嫌いなオマエも、熔岩にぶちこんでやる!溶けていなくなれ!』


と、かなりヒドいことまで言われたので、さすがに


「ねぇ、それはひどくない?◯◯クンがそうされたいんじゃない?…っていうか、言われたらどう思う?」って1回だけ真顔でまた返してみた。


効果なし!


『オマエを消してぇんだよ!!!
今すぐ!!!
溶けろ!!!
消えろーーーーー!!!!!』



って即答された←



無理。
無理無理。
怖すぎる。



あの悪ガキ、親によって人間形成ハチャメチャにされてる可能性があるように思うんだけど、違うかなぁ?


児童相談所に送らなくていいのかしら?



あまりに幼い頃から厳しく勉強勉強言って塾通いさせるのって、私は個人的に良くない!って思ってる、実はね。



子どもが自主的に勉強やりたい!って言うのは全く問題ないけど。


小学生のうちは学習塾には行かせなくてイイ!なんていう考えの私は、ゆるい?
ダメママ予備軍?(笑)



小学生で習わせるのは勉強以外のものを!って思っていて、そのほうが子どもらしい子どもになるだろうになぁと。。。


学習塾は中学生からで十分。
ま、地元なら尚更www


カリカリピリピリ&狂暴な子どもにしないためにも、東京で子育てはしたくないかもしれない←


東京のほうが学校選び放題でいいなぁとは思うけど、競争と隣り合わせなのは微妙だし。


・・・なんてゆるい考えの私は、やっぱりダメママ予備軍?(笑)




とにかく、この悪ガキは近い将来、事件など何らかの犯罪犯してニュースに出そうでリアルに怖いです。


人を傷つけたり、もっとひどいことしそう!




あ!
私すでにその序章レベルのことをされた、悪ガキに。


何度も鉛筆の先を本気で刺されそうになったし、私の赤ボールペンを持って、私の腕に落書きされたし




初対面とは思えない失礼さ!

最低最悪な悪ガキ!!




二度とお断りしたい。




親御さんの愛情が全く足りないのかもしれないし、かわいそうな6歳児とも思えるけど、でもね、全ての言動が可愛くない(泣)


・・・今でも言動が頭から離れないです。



勝手に決めつけてはいけないかもしれない…。

ただ今回のことを総合的に考えて私が思うに、



愛されたいんだろうね、悪ガキは。
ホントは親や家族の愛情が欲しいし必要なんだよ。
でも何らかの事情でもらえていないんだよ、きっと。


仕事が忙しくて育児放棄なのか、あまり言いたくはないけどいらない子だったのか。


6歳…。
まだまだしっかり手をかけてあげるべき年齢。


でもネグレクト状態…。
お金だけ払うから「外でご勝手に!」状態…。



それでいて、外でのおやつは何がなんでも1つまで!もう1つもらえる場面があっても絶対に断りなさい!とか、普通の子があまり強いられていないことをカタくカタく言いつけられている様子・・・。


そんなこといいから、「授業中はしっかり座って机に向かいなさい!」とか、「人に向かって嫌がらせ等不快に思わせてしまう発言は慎みなさい!」とか、そういうもっと重要なしつけを行っていただきたいのですが・・・・・。

そうでしょ?

悪ガキの周り、皆迷惑していますから。





私、子どもは変わらず大好きですが、そうだからこそ!

そういうありえない子どもが心配になると同時に、ただただ怖すぎます(泣)




written by【星茉莉愛】(ほし まりあ)


講師・講演・取材等依頼も受け付けております。


また親御さん等からのお悩み相談ももちろん完全無料で募集中!


どなたさまでもお気軽にご連絡くださいませ。


《転載も大歓迎》です。

その際にはコメント欄に一言お願いします。
posted by 【現役女性塾講師ライター】 星 茉莉愛 at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | 塾講師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

塾講師に暴言を吐く生徒①

皆さん、タイトルを見てどう思いますか?

普通に考えて、こんなことがあって良いのでしょうか?


お金払ってるんだから、何言ってもあり?

それは違いますよね。

絶対に違います!


先生に逆らってはいけない以前の問題で、大人に逆らってはいけません。



ましてや、講師は他人です。

学校の先生も生徒に逆らわれたらそれはそれで困り果てるでしょうが、塾講師は学校の教員よりそのあたり免疫がないので、本当に落ち込みます。


私なんて落ち込みすぎてもはや泣き出してしまいそうなメンタルです!


どうしてくれますか?




今回もまた実話です。

星茉莉愛のブログは実話だけが綴られるものですからね。

当然ですが。



星茉莉愛の中で、1つの事件が起こりました。


犯人は、とっても性格が荒くて落ち着きも全くなく、勉強大嫌いでただ親に無理矢理通わされている感じで、さらには超暴力的小学校1年生の男子生徒です。



申し訳ありませんが、彼の呼び名を以降、悪ガキとさせてください。



失礼承知です。

それくらいにメンタル、きてます。

つまり、激しくショックを受けています。





自分で言うのも申し訳ありませんが、私は塾の生徒の99%に慕われている塾講師です。


自分の思い込みとかではありません。

客観的に見てもわかる、本当の話です。



おかげさまです。

本当に感謝していますし、大変ありがたく感じています。

言うまでもなくこれって当たり前のことではないから。

だからこそ尚更嬉しく思っています。




しかし!!

その悪ガキにだけは、徹底的に嫌われているようです。


初対面からね。

それがあまりにヒドい話なんですよ。


6歳の子どもの言動とはいえ、とてもとても許しがたい!



大人ですし私はキレませんが、一般的な大学生講師とかならキレて、サシでバトルしても仕方ないレベル。


社会人講師でも普通はキレるかもしれません。

それほどです。



私はケンカとかリアルに無縁な人間で、つまりケンカなど本当にやったことがないので言いたい言葉も飲み込めますが。



あれはヤバい!





悪ガキが数学年上の生徒たちに半強制的に着席させられた頃、私は隣の生徒を指導を必死に行っていました。


受験生の指導でした。


ですから、受験生を優遇するわけではありませんが、当然アツくアツく指導していました。


どの生徒にも気合いを入れていつの時も指導していますが、対受験生の時はさらにその何兆倍も気合いを入れて行います。


私だけではなく、恐らくこれは業界全体の常識ですよね。


受験生にさらなる気合いを入れてもらい、意識的にも、より気持ちを引き締めてもらいたいと思うから、講師陣も自然とそうなります。



数分後、受験生の指導がようやくキリの良いところまでいったため、受験生には次の指示を出し、私はその悪ガキのほうを向きました。



向くまでのほんのわずか数分の間も、悪ガキは、



何度も席を立って暴れまわろうとしたり…


自習中だった数学年上の女子生徒集団(以下、「女先輩ズ」)に暴れ行動を止められたり、立たないように全身を押さえつけられたり、勉強道具を準備しておきなさい等命令をされたり…


人に対して遠くから鉛筆の先をダーツの矢のように向けて狙いを定めたり…


汚い言葉や生命に関わるような言葉を平気な顔で吐いていたり…



まぁホント、こちらが受験生に行っている説明の集中力を邪魔するくらい暴れまわっていました。



これまでその悪ガキを担当したことは1度もなかったものの、その悪ガキが初めて塾に現れた日から早くも落ち着きがなかったことや問題児であったことをなんとなく知っていましたし、


さらに、様子を見なくても声やざわつきだけで普通ではないことがわかっていましたので、



私はあえて!



悪ガキのほうを向いて最初の挨拶をするタイミングから意識的に明るく楽しい表情を作るべく、目をパッチリ見開いて、ちょっとふざけたような明るいような笑声で、



こんにちはっ!んふふっ!笑



と言い、悪ガキを見つめました。



すると、すかさずこうリアクションが…。





『あんたの顔、嫌い!

あんた、変な顔!

だからあんたの授業イヤだ!

受けたくないから受けない。受けないからね!!』




2◯年生きてきて、人に初めて言われました…。

「顔が嫌い」「変な顔」って。。。



いや、美人とかが程遠いことはわかっています。

でも、たぶん可もなく不可もなくの標準でしょう…。

悪ガキが言う「変」は、これまた程遠いですよ(笑)



目はもともと結構大きいほうで、塾講師の仕事中に関しては私、スッピンでずっとやっています、18歳からこれまでずっと。


そうそう!

大学でも100%スッピンでしたし、今でも買い物は100%スッピンです(笑)



残念ながら自信があるのではありませんが、まぁスッピンでも普通に生きてはいけます、たぶん。



メイクももちろんする時はちゃんとします。

しますけれども、ファンデ等顔色補正系数種類だけ…かな!笑


色白なので相応しい色白用等を厳選して←





ちなみに、



リップはほぼしませんし、


一時期、超有名メイクアップアーティストのブランドマスカラにハマっていたことがあったのですがジャイアンツの杉内投手のような写真うつりになるためやめましたし(笑)

→もちろん杉内投手批判ではありませんよ。
女性が杉内投手化するのはいかがなものか、という意味です。


あと、眉毛もちゃんとあるのでアイブロウは不要ですし、(持ってはいるけど)


アイライナーも使わないですし。



つまり、メイクしてもあまり変わらないんですよね、パッと見。


大激変できる女性がマジでうらやましいです!!





そんなスッピン万歳な私 星茉莉愛。

とはいえ、ハッキリ言います。

ブス等の罵り言葉は1度も言われたことがありません!!!!!

残念ですが、この悪ガキに初めて言われました…。

酷すぎます。
心に深い傷がつきました。


幼い子からなんだから軽く注意して受け流すとか、そんなことができるレベルではもはやありませんでした。

言葉を重ねてくるごとに、どんどん悪ガキの目の本気さがエスカレートしていったんです。

出会って1秒目の時点から、心の底から人を憎んでいる、ふざけの欠片もない視線で私の顔を直視し、『あんた、顔が嫌い!変な顔!』と何度も。


子どもの目じゃないんです。
完全に大人の目…。
それもよろしくない組織にいる大人かのようなリアル悪の視線!!




そして、まぁこれ以上はあえて詳細を書きませんが、さらにさらに人を嫌な気持ちにさせ落ち込ませる、その後も引きずらせるほど失礼な言葉を引き続き言い放ってきました。


顔同様、身体のある部分をまた嫌って口に出し、それをさらにまた別の言葉で置き換え、置き換えた言葉を2度も3度も繰り返しながらひたすら睨み付けてきていた・・・・・

凄まじいレベルの本気顔で。



私がやわらかく「そ…そんなことないでしょ?それはないって。だって言われたことないよ?」って言っても、罵りというかその嫌がらせフレーズをやめない。



さすがの私もちょっとプチッときそうになりまして、ついに言いました。


「ねぇ、思ったんだけど、実はキミがそうなんじゃない?そうだから逆に先生にそういうこと言ってくるんじゃない?」と←




するとどうでしょう?

嘘みたいにパタっと止まりました!


私が返した言葉はなんというか、慌てて無理矢理思いついたもので、後々思い返してみたら結構こじつけというかバッチリの返しではないんですよね(汗)

大人が聞けば少し違和感のあるもの…。

ですが、いくら悪ガキでもやはり6歳は6歳なので、深い部分まで気にしなかった…耳にとまらなかった…これ幸い。



まぁ、言われたらどんな気持ちになるのか?
人の生まれ持ったものを指摘するということは、どれほど酷いことなのか?
今のうちに一度体験してみませんか?みたいな。

逆の立場を感じさせるためにも咄嗟にした発言なんですよね。




はぁ…これでようやく勉強に集中してくれるかな?




そう思ったのも束の間!

嫌がらせ第3弾、数分後すぐにきました。



『オマエの似顔絵描いてやるー!紙ちょうだいよ!』


「ダメだよ、授業中でしょ?」と1~2回は言いましたが、全く聞いてくれずそればかりなので仕方なく通常授業で説明に使う紙を渡すと…


『ダメだよ、こんなの!書く場所ないもん。違う紙くれよ!オマエの顔描けるから。』


・・・ワガママも酷い悪ガキなんですよね。

B4用紙半分くらい白い部分があったのですが、それじゃあダメなんだそうです。
学校で使う自由帳の感覚でしょうか?(笑)


そろそろめんどくさかったので、片面真っ白の紙を「はいはい、これなら描けるでしょ?絶対描けるよ!」と渡すと描き始めました…。



6歳とはいえ、わざとめちゃめちゃに描いているのが見え見えでした。
中でも目が印象的なのか、宇宙人のようにありえないくらい飛び出して半分流れ出した?みたいな目を描き、『オマエこんなだよ!目が!』と。


・・・プッツンしそうでしたが必死に抑え、「そんなではないと思うけどね(笑)しかしながら私の顔描いてくれるのかぁ!嬉しいな!」と悪ガキの荒くなった気持ちを落ち着かせたく、私は言いました。



悪ガキ、私の顔を2回くらい描いていまして、一旦輪郭とありえないレベルの目を描くと描いている鉛筆で真っ黒にぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃー!っと雑に消しては破るんですけどね。

「あら?せっかくの絵を破ったの?」と言うと、『あんたなんか血だらけだよ、もう死んだから!』とか。



何から何まで酷い子なんですよね。
子どもだけどやっていることや言っていることが許せない内容。



これだけでも十分傷ついていましたが、これ、また序章でした。


長くなりましたので続きはまた次回。





written by【星茉莉愛】(ほし まりあ)



講師・講演・取材等依頼も受け付けております。



また親御さん等からのお悩み相談ももちろん完全無料で募集中!



どなたさまでもお気軽にご連絡くださいませ。



《転載も大歓迎》です。


その際にはコメント欄に一言お願いします。
posted by 【現役女性塾講師ライター】 星 茉莉愛 at 19:05| 東京 🌁| Comment(0) | 塾講師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。