今更なのですが、先日、<span style="text-decoration: underline;"><strong>「都会で生きる人々が考える、私立高校と公立高校の大きな違い」</strong></span>を知りましたので、皆様にご紹介いたします。 ・・・読者様によっては「そんなのわかるし!」って感じの方もいらっしゃるテーマかもしれませんがwww 地方出身の星茉莉愛には何とも新鮮な話題だったの。 長く教育業界にいる星茉莉愛だけど、珍しく新鮮な情報、キター!って感じだったの。 星茉莉愛同様「新鮮なお話!」って思ってくださる方もいることを信じ、語りますね。 結論から申しますと、<strong>地方と都会では、「私立高校」の位置付けが随分違うということ</strong>なんですよね。 どう違うのか… 皆さん、おわかりでしょうか? 《都会の場合》 四年制大学・六年制大学に進学希望→とりあえず私立高校に行け! 短期大学・専門学校に進学希望、または就職希望→公立高校に行け! <span style="text-decoration: underline;">もちろん絶対にこうでなければダメということではありませんけどね。</span> 結構こう考えるご家庭があったり、学校の先生が言ったり、という傾向のようです。 当然ながら私立高校も公立高校もどちらもレベルはピンからキリまであります。 ですから、そこはある程度選べる…。 上位の有名私立大学に進学したい意思がすでにあるのであれば、高校選びもそのようにしなきゃいけないですし、 まぁそれなりの大学行ければ良いかな、ということであれば、あまり背伸びせずに現状に合う高校を選べば良いですし。 とにかく、将来的に大学進学をしたいならば私立高校に行きなさい!という話らしいんですよね、お金はかかりますが。 あとは、私立高校は公立高校に比べて断然特色があります。 確実にそれぞれのカラーがハッキリあります。 ですから、それを狙って!という生徒も多数。 <span style="text-decoration: underline;">《海外留学プログラムや語学研修、ホームステイ、修学旅行の行き先が海外・・・》 </span> などなど、「海外」をウリにしている高校はかなりありますし、 <span style="text-decoration: underline;"> 《アーチェリー部、ラクロス部、飛び込み部、クロスカントリー部、競歩部、漫画研究会、落語研究会、歌舞伎愛好会、バードウォッチング愛好会・・・》 </span> などなど、大学顔負けの特色がある「部活・研究会・愛好会」をウリにしている高校もあります。 あとは、「授業や、朝・放課後の学習」に特色を出している所も、そういえばありますし。 都会の私立高校はなにもかもすごい! 学科やコースも多種多様ですしね! あ、私立私立と私立ばかり言っていますが、公立高校からも大学進学は結構していますよ。 経済状況とか家庭ごとの好み、また通学時間・距離等の問題もありますし、公立高校から大学進学も当然アリのルートです! なのですがー、、、 元祖都会人にとっては、「大学進学希望なら私立高校でしょ!」という感じが多数派のようだったり・・・ ちなみに、地方ver.のお話もいたしましょう。 《地方の場合》 大半→行ける限り公立高校に行け!まずは公立高校を目指しなさい! ごく一部→仕方がないから私立高校に行くしかない…。 地方出身者ならこの意味、きっとわかるよね。 地方と都会共通して経済状況の問題である場合もあるかもしれませんが、 ただ地方人にも大金持ちや小金持ちがいますから、<span style="text-decoration: underline;">公立高校に進学する理由がお金の問題ではないケースも随分多いです。</span> 地方人が公立高校を目指し、公立高校に進学するケースは、主に以下のような理由です。 ①各県、多少の差はあるが、基本的に地方は公立高校率が高く、私立高校率が低い! <span style="text-decoration: underline;">⇒公立高校数が圧倒的に多い!!</span> ②とにかく通いやすい場所にある高校がだいたい公立高校! <span style="text-decoration: underline;">⇒私立高校の数が少ないため、必然的にそうなる!!</span> ③数が多い公立高校は、学力レベル(偏差値)も上から下までバッチリ用意されている!! <span style="text-decoration: underline;">⇒誰でも選べる高校!!</span> ④私立高校は基本的に大学附属だが、それでいてレベルがめちゃめちゃ低い場合が結構あり(一部を除く)、本気で私立一本で目指す人は、勉強が苦手か素行がある意味大人びている(!?)ケースが多い! <span style="text-decoration: underline;">⇒私立専願推薦は、1クラス片手人数いるかいないか…!!</span> 何度か書いておりますように、もちろん地域差はあると思います。 地方は地方でも県やエリアによって「ウチの所は違うよ?」っていう方もいるかもしれません。 ただ! 星茉莉愛が書いたようなケースも地方に結構あるはず。 少なくとも私の地元はかなりその傾向がある某県です。 <span style="text-decoration: underline;"><strong>偏差値問わず約8割が公立高校を目指し、合格したら万々歳! </strong></span><span style="text-decoration: underline;"><strong> 約2割は「公立高校を受験したけど残念な結果だった生徒が滑り止め(併願推薦)で合格をもらっておいて、やむなく進学!」or「勉強・態度のどちらか、もしくは両方があまりよろしくないと自他共に思う生徒が妥協して専願推薦で」</strong></span><strong>! </strong> そんな感じです。 ですから、 地方と大都会ではそのあたり違うんだなぁと! またも <strong>地方と都会と違いシリーズ</strong> ですね(笑) あと都会は交通の便も抜群ですから、通学に1時間2時間かかっても「そのくらい平気!好みの学校に行けるのなら気にしない!」って感じの生徒が多いんですよね。 都会は電車が間隔なくガンガンありますから! 地方だとこれまた地域差ありますけど、電車は1時間にわずか1本とかになったりが普通ですし、そもそも電車は市外に出掛ける場合の乗り物というイメージですし、それ以上に・・・ <strong>車社会ですから!笑 </strong> <strong>車率、ヤバい!笑</strong> じゃなければ、バスか自転車か徒歩。 バス通学とかはまぁ結構いますよ、そういえば。 よーく遅延する、バスですが(笑) ですが、バスは電車と違って遅延や運休、間引きが多い季節も毎年ありますし、やはり時間間隔がありますからあまり遠出に使うものではないな~という感覚でして。 地方の生徒や親御さんは必ず考えます。 何よりも通いやすさ重視! 何よりも自宅からの距離が一番マシな高校を目指せるようにする! 交通費もバカにならないですしね(笑) 都会っ子が読んだら「田舎出身、やば!」とか「田舎者丸出しやん!」って言われちゃいそうだけど・・・笑 田舎出身者に共感していただければそれで大満足☆ 私は県立の進学校出身です、地方出身なので。 地方出身者で良かった← 誇りです。 皆さんも自身の故郷に誇りを持って、これからも頑張っていきましょうね☆

2017年12月01日

私立高校のイメージ(地方と都会の大きすぎる違い)

今更なのですが、先日、「都会で生きる人々が考える、私立高校と公立高校の大きな違い」を知りましたので、皆様にご紹介いたします。


・・・読者様によっては「そんなのわかるし!」って感じの方もいらっしゃるテーマかもしれませんがwww



地方出身の星茉莉愛には何とも新鮮な話題だったの。

長く教育業界にいる星茉莉愛だけど、珍しく新鮮な情報、キター!って感じだったの。



星茉莉愛同様「新鮮なお話!」って思ってくださる方もいることを信じ、語りますね。



結論から申しますと、地方と都会では、「私立高校」の位置付けが随分違うということなんですよね。

どう違うのか…

皆さん、おわかりでしょうか?



《都会の場合》

四年制大学・六年制大学に進学希望→とりあえず私立高校に行け!

短期大学・専門学校に進学希望、または就職希望→公立高校に行け!



もちろん絶対にこうでなければダメということではありませんけどね。


結構こう考えるご家庭があったり、学校の先生が言ったり、という傾向のようです。




当然ながら私立高校も公立高校もどちらもレベルはピンからキリまであります。


ですから、そこはある程度選べる…。




上位の有名私立大学に進学したい意思がすでにあるのであれば、高校選びもそのようにしなきゃいけないですし、


まぁそれなりの大学行ければ良いかな、ということであれば、あまり背伸びせずに現状に合う高校を選べば良いですし。



とにかく、将来的に大学進学をしたいならば私立高校に行きなさい!という話らしいんですよね、お金はかかりますが。



あとは、私立高校は公立高校に比べて断然特色があります。

確実にそれぞれのカラーがハッキリあります。


ですから、それを狙って!という生徒も多数。



《海外留学プログラムや語学研修、ホームステイ、修学旅行の行き先が海外・・・》


などなど、「海外」をウリにしている高校はかなりありますし、


《アーチェリー部、ラクロス部、飛び込み部、クロスカントリー部、競歩部、漫画研究会、落語研究会、歌舞伎愛好会、バードウォッチング愛好会・・・》


などなど、大学顔負けの特色がある「部活・研究会・愛好会」をウリにしている高校もあります。



あとは、「授業や、朝・放課後の学習」に特色を出している所も、そういえばありますし。



都会の私立高校はなにもかもすごい!

学科やコースも多種多様ですしね!




あ、私立私立と私立ばかり言っていますが、公立高校からも大学進学は結構していますよ。

経済状況とか家庭ごとの好み、また通学時間・距離等の問題もありますし、公立高校から大学進学も当然アリのルートです!



なのですがー、、、


元祖都会人にとっては、「大学進学希望なら私立高校でしょ!」という感じが多数派のようだったり・・・



ちなみに、地方ver.のお話もいたしましょう。


《地方の場合》

大半→行ける限り公立高校に行け!まずは公立高校を目指しなさい!

ごく一部→仕方がないから私立高校に行くしかない…。




地方出身者ならこの意味、きっとわかるよね。


地方と都会共通して経済状況の問題である場合もあるかもしれませんが、


ただ地方人にも大金持ちや小金持ちがいますから、公立高校に進学する理由がお金の問題ではないケースも随分多いです。





地方人が公立高校を目指し、公立高校に進学するケースは、主に以下のような理由です。




①各県、多少の差はあるが、基本的に地方は公立高校率が高く、私立高校率が低い!

⇒公立高校数が圧倒的に多い!!


②とにかく通いやすい場所にある高校がだいたい公立高校!

⇒私立高校の数が少ないため、必然的にそうなる!!


③数が多い公立高校は、学力レベル(偏差値)も上から下までバッチリ用意されている!!

⇒誰でも選べる高校!!


④私立高校は基本的に大学附属だが、それでいてレベルがめちゃめちゃ低い場合が結構あり(一部を除く)、本気で私立一本で目指す人は、勉強が苦手か素行がある意味大人びている(!?)ケースが多い!

⇒私立専願推薦は、1クラス片手人数いるかいないか…!!





何度か書いておりますように、もちろん地域差はあると思います。

地方は地方でも県やエリアによって「ウチの所は違うよ?」っていう方もいるかもしれません。



ただ!
星茉莉愛が書いたようなケースも地方に結構あるはず。


少なくとも私の地元はかなりその傾向がある某県です。



偏差値問わず約8割が公立高校を目指し、合格したら万々歳!


約2割は「公立高校を受験したけど残念な結果だった生徒が滑り止め(併願推薦)で合格をもらっておいて、やむなく進学!」or「勉強・態度のどちらか、もしくは両方があまりよろしくないと自他共に思う生徒が妥協して専願推薦で」





そんな感じです。



ですから、


地方と大都会ではそのあたり違うんだなぁと!


またも

地方と都会と違いシリーズ

ですね(笑)



あと都会は交通の便も抜群ですから、通学に1時間2時間かかっても「そのくらい平気!好みの学校に行けるのなら気にしない!」って感じの生徒が多いんですよね。

都会は電車が間隔なくガンガンありますから!



地方だとこれまた地域差ありますけど、電車は1時間にわずか1本とかになったりが普通ですし、そもそも電車は市外に出掛ける場合の乗り物というイメージですし、それ以上に・・・


車社会ですから!笑

車率、ヤバい!笑


じゃなければ、バスか自転車か徒歩。


バス通学とかはまぁ結構いますよ、そういえば。

よーく遅延する、バスですが(笑)



ですが、バスは電車と違って遅延や運休、間引きが多い季節も毎年ありますし、やはり時間間隔がありますからあまり遠出に使うものではないな~という感覚でして。



地方の生徒や親御さんは必ず考えます。


何よりも通いやすさ重視!
何よりも自宅からの距離が一番マシな高校を目指せるようにする!
交通費もバカにならないですしね(笑)




都会っ子が読んだら「田舎出身、やば!」とか「田舎者丸出しやん!」って言われちゃいそうだけど・・・笑



田舎出身者に共感していただければそれで大満足☆



私は県立の進学校出身です、地方出身なので。

地方出身者で良かった←
誇りです。


皆さんも自身の故郷に誇りを持って、これからも頑張っていきましょうね☆


posted by 【現役女性塾講師ライター】 星 茉莉愛 at 15:06| 東京 🌁| Comment(0) | 高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。